9画という画数の特徴を怖~く解説

姓名判断で視る9画という画数。その怖さ。

9画は、凶数か大凶数に分類されていますが、始めのうちは何事も良いが、次第に色々な事が上手く行かなくなり、いずれ全てが崩壊する・・・などと言われています。

俗称では、絶望数、崩壊運数・・・などと称されていますが、怖いと思う様な通称でしょう。誰が付けた言い方か知りませんが・・・。

なぜ9画が、そんな言われ方をする凶数なのか・・・。

数は、0から始まり、0、1、2、・・・8、9と来て、また0に戻る。
絶頂である9まで行くと、次は振り出しである0に落ちる・・・という論理の様で、絶頂にある事、つまり、断崖に立っている状態を表し、運勢が陥落を顕すとも言われるこの数。

名前の部位のどこかに9画を持つ人物を、今まで何人か見掛けて来ましたが、性格が偏って屈折している、気が短すぎである、周囲に人間関係がほとんど居ない、粗暴、傲慢な人物をしばしば見かけて来ましたし、何よりも、信頼されていない・・・という、気の毒な気さえする一面を見かけてる画数です。




そんな、9画という画数の怖さを断片的にも解説しています。


windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする