24画という画数について

画数の中で、24という画数の特徴を知っている人は、あまり多くはない様な気がします。

姓名判断や数秘など、数の原理の知識に興味がある人でも、24は、どちらかと言うとあまり目立たない画数なのかもしれません。

むしろ、23画とか、25画の方が印象が強かったり多いのではないでしょうか・・・。

何というか、縁の下の力持ちではないですが、バリバリに目立つ画数ではないのですが、何事もが淡々と順調に行くというか、多少の試練や困難は経験しようとも、着々と進んである種自然と成功に行き着く・・・かの様な画数です。
バランス型、協調型とも言われていますね。

24は、姓名の世界では特に、金運数、裕福運、興産運、などと言われており、「お金」の画数と称されているのが有名です。
姓名学の先生の間では、お金は「24」だという先生と、「23」「25」だという先生とで別れているっぽいですが・・・。

ちなみに、姓名判断で有名な「安斎勝洋」先生は、この24画がかなりお好きな様ですが・・・。

そんなこんなでこちらの映像では、安斎先生ではないですが、解説されております。

windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする